読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日は……ノーコメント。


これではあまりに無内容なので、どうでもいい一言。
セックスボランティア (新潮文庫)の著者は必ずしもそう思ってないかもしれないけど、少なくとも現代の日本では、セックスは、それをする権利を万人が持っているとは見なされておらず、それにありつく能力がある者だけができる嗜好品である。