読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昨日夢から醒めたときは本当に絶望した。
「今まで彼女ができる夢は何度も見てきたけど、これは夢じゃないぞ……」と思っていたら、夢だったので。
「どうして僕なんかでいいの?」と聞こうとして聞けなかったけど、これは、そのような質問に対する返答が、いくら夢の中でも僕の脳には想定不能だったからだろうか。つまり、「arishikiのことを女の子が好きになるような理由」を含むモデルは存在しないということか。ゆえに、「arishikiのことを女の子が好きになるような理由」を含む無矛盾な理論は存在しない、と。
いやーしかし今回の夢は告白シーンがかなりリアルだったな。
最近読んだマンガの影響かもしれない。
っていうか、僕はフィクション経験(小説、マンガ、アニメ、映画、ゲーム等)がかなり浅い方だと思うので、もっと色々なフィクションを摂取すれば、もっと多様で豊かな夢&妄想ライフが開けてくるに違いない。